a a a a a a a a a a
aa a
a a a a a a a a



「あなたを信じています」



一部の心ない飼い主によって捨てられるウサギの数が増加しています。

それは命を預かるという責任を安易に考え、大きくなったから、慣れないから、忙しいからと
飼育の責任を放棄したり、病気にかかって医療費がかかるからと簡単に捨てる人たちがいるのです。


捨てられたウサギはどうなっていくのでしょう?

ウサギは被捕食動物です。
他の動物達に襲われて命を落とす子がたくさんいます。

そして草食動物です。
アスファルトの上に捨てられた子がどうやって
生きていくことができるのでしょう?

ほとんどが人知れず悲惨な最期を遂げているのです。

ほんの一部のウサギは心優しい人に保護されることも
ありますが、そんな幸運な子はほんとに稀な例なのです。
昨年末にある女の子から連絡がありました。
その子がアルバイトをしているお店にウサギが捨てられていたと。

動物が大好きで心優しい女の子はその子を保護しました。
抱き上げてみると性器が腫れあがり、お顔もグチャグチャにただれていました。

でもこの子はウサギを愛するたくさんの方の応援をいただいて病院で治療を受け、
半月ほどでとても愛らしいかわいい子に戻ることができました。

そして今はウサギを愛する優しい女性に迎えられとても
大事にしていただいて幸せに暮らしています。

しかし、この子も幸運な子のひとりだった・・・優しい女の子に保護され、
優しい人たちに応援してもらい、そして優しい里親さんが大事に育ててくれる。
みんながみんなこういういい形に進むことはほとんどありません。



保護された子も引き受け先が見つからないことも多くあります。
病気やケガをしている子はお世話がとても大変です。
そして医療費もかかってしまいます。
現状はボランティアで行うしか道がありません。
でもボランティアでは限界があります。
だからこそ捨てる人たちがいなくなってほしいと切に思うのです。

捨てられたウサギの表情はとてもくすんでいます。
目の輝きがありません。

けれど、人間に愛されることでイキイキとした
表情に変わってきます。

キラキラした瞳で甘えてきます。

ウサギには心があります。愛情にとても敏感な子たちです。

どうかそんな純粋な子たちを裏切らないでください。
あなたの子はあなたを100%信じています。
あなたのことが大好きなんです。



人間に裏切られ心傷つく子がいなくなりますように。




NPO法人LOVE&PEACE
SAVE THE RABBITS うさぎ伝道師☆じゃんきー☆




wanko
TOPへ戻る↑



運営:特定非営利活動法人LOVE&PEACE 事務局
info@love-peace.jp

Copyright (C) 2001 Love&Peace Festival Executive Committee. All Rights Reserved.