NPO法人LOVE&PEACE
toptop

どうぶつ達を守る活動

SAVE THE RABBITS 事務局 

animal どうぶつ達を守るための活動には、毛皮の問題、実験動物の問題、繁殖業の問題、畜産動物の問題をはじめ、様々な問題があります。SAVE THE RABBITS としては、そのような問題すべてを手がける余裕はありません。まずは、青少年団体として子ども達のこころの育成に関わる活動、一番身近なペット達を大切に育てることを第一に活動していきたいと考えています。

その為の活動として、遺棄されたり飼育放棄、虐待などの不遇な環境にいるうさぎをはじめとした小動物たちや犬・猫といった愛玩どうぶつ達を守るための活動を主に、遺棄された子などの保護と新たな飼い主を探したり、適正な飼育のアドバイスなどを行っています。


大阪府の行政に収容された小動物の飼い主探しのお手伝い♪

行政に収容されたどうぶつ達は、各自治体によって環境は違いますが、収容される数に
限りがあり、やむなく殺処分されてしまうことになってしまいます。行政の職員さんも
できるだけ殺処分されないように頑張ってくださってるのですが、その数の多さにやはり
殺処分されざるを得ない子が多く入るのが実情です。そんな収容されたどうぶつ達のうち
小動物というカテゴリーの子達のあらたな飼い主探しのお手伝いをさせていただいています。

身勝手な遺棄、持ち込みなどで愛されてきたはずのペット達が今日もその命を奪われています。

わずかなことしかできませんが、飼い主に見放されたどうぶつ達にもう一度希望をつないでいきたいです。

うさぎ飼い主募集のページへ


猫・小動物の飼い主募集のページへ

遺棄どうぶつの保護、飼い主探し

遺棄されたどうぶつ達の保護もしていますが、あいにく狭い事務局ですので
保護できる数は限られてしまいます。ですので、飼えなくなったので引き取って
というご要望にはお応えすることができませんのでご理解くださいますようお願いします。

また保護どうぶつの中には疾病、ケガなどを負っている子が少なからずいます。
その中には命にかかわる病に冒されている子もいます。そのような子達に
適切な治療を施すためにはやはりお金も必要になってきます。SAVE THE RABBITS
では、そのためにフリーマーケットへの出店やチャリティグッズなどの販売を
しながら少しでも飼育費用、医療費などを工面できるようがんばっています。

ぜひ皆様からのご支援をお願いいたします。

チャリティグッズ販売のページはこちらをご覧ください。

フリーマーケットの日程はこちらのページをご覧ください。






TOPへ戻る 動物TOPへ戻る このページの上へ うさぎ里親ページへ


運営:特定非営利活動法人LOVE&PEACE 事務局
info@love-peace.jp
Copyright (C) 2001-2006 NPO Love&Peace All Rights Reserved.



animal